文房具を愛し、人生を楽しむ人たちが集う場所

会員登録

趣味文CLUB

メニュー

  • Facebook Facebook
  • Facebook Facebook

万年筆の仕組み ~インクをスムーズに送り出す内部の秘密~

万年筆は約200年前にこの世に登場した。その後、試行錯誤が繰り返され、約130年前に毛細管現象を活用した基本構造が確立され、進化しながら現在に至っている。

 

万年筆のペン先の構造

sb1-3-1
「インクを引き出す」仕組みと「空気を引き込む」仕組みが万年筆のペン芯の主な機能だ。図の内部構造は一般的な例で、各社によって細かい構造はかなり違っている。

万年筆のペン先は、紙面に触れた瞬間に流れるようにインクが出てくる。この仕組みは、毛細管現象と気液交換作用を利用した内部の構造にある。 胴軸の内部に蓄えたインクを毛細管現象を使ってペン先へと導き、ペン先と紙が接触すると紙の繊維にインクが引かれることで文字が書ける。インクをスムーズに紙面に導くには、出たインクと同じ量の空気を胴軸の内部に入れる必要がある。 このためペン芯にはインクが通るインク溝と空気を取り入れる空気溝がある。

 

毛細管現象

sb1-3-2
液体中に細い管(毛細管)を立てると、管内の液面が管外の液面より上がる(または下がる)現象。万年筆は液体が、管や繊維などの空間へ重力に関係なくより細い方へ移行する現象を利用している。

 

気液交換作用

sb1-3-3
スムーズにインクを出すには、出たインクと同じ容量の空気を交換する必要がある。各社はペン芯に巧妙に空気溝を設計することで、最上のインクフローを実現させている。

  • Facebook Facebook
  • Facebook Facebook

万年筆のきほん

そのほかの万年筆の記事

  • プラチナ万年筆「プレジール 10周年限定モデル」を発表

    プラチナ万年筆「プレジール 10周年限定モデル」を発表

    More

  • セーラー万年筆「プロフェッショナルギア クレ・アジュール万年筆」発売。「カクテルシリーズ」の10周年記念セットも登場!

    セーラー万年筆「プロフェッショナルギア クレ・アジュール万年筆」発売...

    More

  • 筆圧が低くなっているのは世界的な傾向の模様

    筆圧が低くなっているのは世界的な傾向の模様

    More

  • 伊勢丹新宿店で「ネットゥーノ」 日本初上陸記念 先行予約会を開催

    伊勢丹新宿店で「ネットゥーノ」 日本初上陸記念 先行予約会を開催

    More

  • 「ラミー2000 バウハウス100周年リミテッドエディション」発売開始

    「ラミー2000 バウハウス100周年リミテッドエディション」発売開...

    More

ピックアップ

趣味の文具箱 2020年10月号 vol.55へのリンクバナー

人気記事ランキング

  • 1

    プラチナ万年筆「プレジール 10周年限定モデル」を発表

    More

  • 1

    小日向日記│思い立ったらシステム手帳

    More

  • 1

    思わずニンマリ。「定番万年筆のための」ペンケース、その特徴とは?

    More

  • 1

    小日向日記│万年筆のインク切れを回避するために行うこと

    More

  • 1

    ステッドラーの多機能ペン「アバンギャルド ライト」に新シリーズ「キャリア」登場

    More

新着記事

  • 銀座 蔦屋書店「煌めきのペンフェア」開催

    銀座 蔦屋書店「煌めきのペンフェア」開催

    More

  • ステッドラーの多機能ペン「アバンギャルド ライト」に新シリーズ「キャリア」登場

    ステッドラーの多機能ペン「アバンギャルド ライト」に新シリーズ「キャリア」...

    More

  • 趣味の文具箱2020年10月号 vol.55の特集は「万年筆インクLOVE」

    趣味の文具箱2020年10月号 vol.55の特集は「万年筆インクLOVE...

    More

  • プラチナ万年筆「プレジール 10周年限定モデル」を発表

    プラチナ万年筆「プレジール 10周年限定モデル」を発表

    More

  • アントウ「ボールペン・シー ミニ」の日本限定色が先行販売を開始

    アントウ「ボールペン・シー ミニ」の日本限定色が先行販売を開始

    More

趣味の文具箱 2020年10月号 vol.55へのリンクバナー

ページTOPへ ページTOPへ