文房具を愛し、人生を楽しむ人たちが集う場所

会員登録

趣味文CLUB

メニュー

2018.07.23

  • Facebook Facebook
  • Facebook Facebook

大人は、だれも、はじめは子どもだった。

大人は、だれも、はじめは子どもだった。

あの頃を憧憬を抱き、沼にダイブする日々

大人は、だれも、はじめは子どもだった。(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。)

このフレーズはサン・テグジュペリの「星の王子さま」の書き出しです。名作は例外なく書き出しが素晴らしい。子どもの頃に抱いた憧れ、恋しい想いを忘れずにいる大人は素敵です。自分は、このフレーズを、新しい万年筆を買うか否か、迷い、そして沼にダイブするときに呪文のように唱えます。物心がつきはじめた小さな頃、家で父親が握っている万年筆はきらきら光り、なんだかとっても大人っぽく、素敵なものに見えていました(実際、とても素敵なものだったのですが)。あの頃の憧憬の心持ちを忘れずに齢を重ねていきたいもの。皆さんも、憧れの万年筆を目の前にして、店頭で悩み、迷ったら、唱えてみてください。

「星の王子さま」は子供向けの物語でもなく、単なる絵本でもありません。世界中で部数1億5千万冊を超えたベストセラーです。サン・テグジュペリは生粋のパイロット。箱根のミュージアムには直筆の原稿やメモなどが展示してありますが、並んで飾ってある本人の写真はほとんどがフライトジャケットを着ています。背後には郵便航空機やフランス軍の偵察機が写っています。

自分が子どもの頃はパイロットに憧れました。いまでもなりたいと思い続けています。だから、サン・テグジュペリに憧れます。大阪出張は、交通費が安くなるからという正当な理由を準備して神戸空港によく飛んでいっています。日本にある航空博物館はほぼ制覇しました。会社の上空をよく飛んでいるCH-47とSA365Nのローターのサウンドは2秒以内に聞き分けできるようになりました。編集部の窓際にはレシーバーが置いてあり羽田空港のアプローチ管制の周波数がセットしてあり…(もういいか)

サン・テグジュペリは、20代で初めて飛び、35歳のときにサハラ砂漠に不時着して死にかけ、43歳でフランス空軍に入隊すると直後に偵察機の着陸に失敗し、飛行禁止処分となるものの、ねばって飛び続けた。だめっ、と言われても本能や欲望に忠実に突っ走っていくところがいい。きっと、大人も、だれも、はじめは子どもだった…と唱えていたに違いありません。彼にとって飛ぶことは生きる証だったのでしょう。爆撃機に乗ることは拒み、偵察機で飛び続け、1944年にロッキードF-5Bで写真偵察の飛行中に地中海で消息を絶っています。

「星の王子さま」は、彼が不時着して砂漠を彷徨った経験を濃厚に反映しています。「ものは心で見る。肝心なことは目では見えない」。物語の核心に触れるこのフレーズを話すキツネを軸に纏った万年筆が登場しました。サン・テグジュペリが描いた原画が元になっています。ネイビーブルーの軸は深みがあって美しい。「星の王子さま」の舞台となっている宇宙をイメージした色のようですが、自分にはサン・テグジュペリが20代の頃に命がけで南米を飛んだ夜間飛行の空の青に感じます。

大人は、だれも、はじめは子どもだった。この呪文を毎日のように唱え続ける五十路のおじさんの夢を投影した万年筆を、胸ポケットに挿すことができたら、それは極上の幸せ。幻想的なネイビーブルーが俺を呼んでいる。さぁ、どうする。今週末はとりあえず銀座6丁目か。

詳しくは趣味の文具箱46号の88ページをご覧ください。

この記事は2018年6月15日に配信された「【趣味の文具箱】Mail Magazine」の内容を一部を転載して構成されています。各種情報は変更されている場合があります

↓↓↓編集長コラムをはじめ最新の情報をいちはやくお届け!メルマガ購読はページ下部の「メールマガジン購読」からどうぞ!↓↓↓

  • Facebook Facebook
  • Facebook Facebook

清水 茂樹(しみず しげき)

清水 茂樹(しみず しげき)

1965年、福島県会津若松市生まれ。2004年より文具情報誌「趣味の文具箱」編集長。「ステーショナリーマガジン」「ノート&ダイアリースタイルブック」も手掛ける。ソリッドな黒軸、ネイビーブルー色のインク、風合いが育つ革、手のひらサイズが大好き。

そのほかのモンブランの記事

  • 「モンブラン スターウォーカー」がリニューアル/「地球とリコネクト」をテーマに宇宙へ手紙を届けるキャンペーン開始

    「モンブラン スターウォーカー」がリニューアル/「地球とリコネクト」...

    More

  • モンブラン銀座本店がリニューアル、「インクバー」を新設

    モンブラン銀座本店がリニューアル、「インクバー」を新設

    More

  • モンブランのゴージャスモデル一挙公開! 2018年限定筆記具、軽井沢で特別受注会実施

    モンブランのゴージャスモデル一挙公開! 2018年限定筆記具、軽井沢...

    More

  • 鮮やかな発色が美しい伝統的筆記ブランドとしての矜持モンブランファインステーショナリー「レインボーコレクション」

    鮮やかな発色が美しい伝統的筆記ブランドとしての矜持モンブランファイン...

    More

そのほかの万年筆の記事

  • ピナイダーが初のポップアップイベントを開催

    ピナイダーが初のポップアップイベントを開催

    More

  • 台湾ブランド「IWI」から「ハンドスクリプト レトロブラス」が発売

    台湾ブランド「IWI」から「ハンドスクリプト レトロブラス」が発売

    More

  • 「モンブラン スターウォーカー」がリニューアル/「地球とリコネクト」をテーマに宇宙へ手紙を届けるキャンペーン開始

    「モンブラン スターウォーカー」がリニューアル/「地球とリコネクト」...

    More

  • ステッドラー「TRX」 三角軸のアルミ製筆記具シリーズ誕生

    ステッドラー「TRX」 三角軸のアルミ製筆記具シリーズ誕生

    More

  • プラチナ万年筆から金沢箔万年筆 松虎 が登場

    プラチナ万年筆から金沢箔万年筆 松虎 が登場

    More

新着記事

  • ピナイダーが初のポップアップイベントを開催

    ピナイダーが初のポップアップイベントを開催

    More

  • サクラクレパスが人気シリーズの新作「SAKURA craft_lab 004」を発売

    サクラクレパスが人気シリーズの新作「SAKURA craft_lab 00...

    More

  • ステッドラーから卓上型の鉛筆削り「マルス卓上鉛筆削り」が登場

    ステッドラーから卓上型の鉛筆削り「マルス卓上鉛筆削り」が登場

    More

ピックアップ

趣味の文具箱 Vol.50へのリンクバナー

人気記事ランキング

  • 1

    小日向日記│思い立ったらシステム手帳

    More

  • 1

    サクラクレパスが人気シリーズの新作「SAKURA craft_lab 004」を…

    More

  • 1

    ラミー アルスターとラミー サファリの2019年限定カラー、先行発売情報

    More

  • 1

    ピナイダーが初のポップアップイベントを開催

    More

  • 1

    ステッドラーから卓上型の鉛筆削り「マルス卓上鉛筆削り」が登場

    More

プラチナ万年筆×趣味の文具箱 ♯3776センチュリー ボルドーロゼへのリンクバナー

新着記事

  • ピナイダーが初のポップアップイベントを開催

    ピナイダーが初のポップアップイベントを開催

    More

  • サクラクレパスが人気シリーズの新作「SAKURA craft_lab 004」を発売

    サクラクレパスが人気シリーズの新作「SAKURA craft_lab 00...

    More

  • ステッドラーから卓上型の鉛筆削り「マルス卓上鉛筆削り」が登場

    ステッドラーから卓上型の鉛筆削り「マルス卓上鉛筆削り」が登場

    More

  • マックス「Vaimo11」シリーズ 11周年記念、「ホッチキスでつくる貼箱キット」を発売

    マックス「Vaimo11」シリーズ 11周年記念、「ホッチキスでつくる貼箱...

    More

  • ジャック・エルバンの期間限定フェアで新作が続々登場

    ジャック・エルバンの期間限定フェアで新作が続々登場

    More

趣味の文具箱 Vol.50へのリンクバナー

プラチナ万年筆×趣味の文具箱 ♯3776センチュリー ボルドーロゼへのリンクバナー

ページTOPへ ページTOPへ