文房具を愛し、人生を楽しむ人たちが集う場所

会員登録

趣味文CLUB

メニュー

2017.07.10

  • Facebook Facebook
  • Facebook Facebook

一生モノ”の文房具がたくさん集まってしまう理由

一生モノ”の文房具がたくさん集まってしまう理由

文房具の魅力を、たくさんの言葉を使って伝え続けています。

「万年筆は大切に使えば、あなたの一生、いや子どもや孫の代まで使い続けることができますよ」「上質なレザーのシステム手帳は、手入れを適度にすれば艶が増し、ずーっと使い続けられますよ」…などなど。

こんなとき、よく返ってくる質問が「一生モノなら、ひとつあれば十分じゃないの?」「たくさん揃えてしまったら、人生がいくらあっても足りないかも?」…など。

上質な文房具のよいところは、丈夫で長持ちすること。時代が過ぎてもPCやスマホのように陳腐化しません。純銀や上質な本革では、使い続けるほどに味わいも増し、適度にメンテナンスすることで、その価値はより高まっていきます。文房具が好きになると、確かに一生モノと呼ばれる名品が、たくさん集まってしまうのです。

2016年に発行したムック「システム手帳スタイル」では、「システム手帳バカ」の称号をいただきました。システム手帳はページの差し替えが自由なので、1冊あればずーっと使い続けることができます。しかし自分の場合は[バイブルサイズ+ミニ5]など併用するのが日常なので、サイズやリング径の大小などのバリエーションがどうしても欲しくなる。その結果、ムックで紹介したような状態になってしまうわけです。

決して、一生モノを集めようとしているわけではありません。一生を共にする価値のあるモノを探し続けているだけなのです。使ってみなければ本当の価値はわからないし、より価値のある新しいものも続々と登場するので、気づいたら本棚にずらーっと手帳が並んでいるような状態になってしまうのです。

カバンの中のモノは減らしたい。万年筆は究極の1本があればそれで十分。手帳も最小限のひとつに絞り込んでみたい。いま、その試みとして世界最小サイズのシステム手帳「ブルーコードバンM5」1冊で、仕事ができないか挑戦しています。仕事のメールやデータを活用するためには、いやでもスマホが必需品となっています。スマホに任せられる領域は積極的にお任せして、手書きが必須な用件にはマイクロ5のシステム手帳を使う、というやり方です。スケジュールも見開きで2か月が見渡せるコンパクトで機能的なリフィルを試用し始めました。

d20170710-01_1

マイクロ5をいつでも胸やズボンのポケットに入れているので、見る、書くがとにかく早い。このスピード感は、スマホなどはまったく敵いません。もし成功すれば、このブルーコードバンは一生使い続ける究極の、そして最後の1冊となるはず…、ですが。この結論はまたここで。

この記事は2017年5月5日に配信されたメールマガジンの内容を一部を転載して構成されています。各種情報は変更されている場合があります。
↓↓↓編集長コラムをはじめ最新の情報をいちはやくお届け!メルマガ購読はページ下部の「メールマガジン購読」からどうぞ!↓↓↓

一生のパートナー。趣味の文具箱オリジナル「M5シリーズ」

■趣味文で最高傑作の人気商品「アシュフォード×趣味の文具箱 ブルーコードバンシステム手帳マイクロ5」
https://www.ei-member.jp/shumibun/products/31

■姫路タンナーによる上質な本革「アシュフォード×趣味の文具箱 システム手帳マイクロ5 エルフィン」
https://www.ei-member.jp/shumibun/products/6714

■AJIOKAが長い伝統で培った技と本誌コラボ「GANZO×趣味の文具箱 M5 ジッパーケース シェルコードバン」
https://www.ei-member.jp/shumibun/products/6765

■コンパクトなサイズに多彩な収納スペース「GANZO×趣味の文具箱 M5 ジッパーケース シンブライドル」
https://www.ei-member.jp/shumibun/products/6766

■限定カラーのレッド&グリーン「GANZO×趣味の文具箱 M5 ジッパーケース シンブライドル 趣味の文具箱限定カラー」
https://www.ei-member.jp/shumibun/products/6767

  • Facebook Facebook
  • Facebook Facebook

清水 茂樹(しみず しげき)

清水 茂樹(しみず しげき)

1965年、福島県会津若松市生まれ。2004年より文具情報誌「趣味の文具箱」編集長。「ステーショナリーマガジン」「ノート&ダイアリースタイルブック」も手掛ける。ソリッドな黒軸、ネイビーブルー色のインク、風合いが育つ革、手のひらサイズが大好き。

そのほかの趣味の文具箱オリジナル文具の記事

  • 「システム手帳STYLE vol.3」は、システム手帳を使ったことがない人にも、ぜひ見て欲しい!本です。

    「システム手帳STYLE vol.3」は、システム手帳を使ったことが...

    More

  • 5月3日から、文房具サロン at 銀座・伊東屋が始まります!

    5月3日から、文房具サロン at 銀座・伊東屋が始まります!

    More

  • 12月8日(金)、趣味の文具箱 in 銀座・伊東屋「編集長・清水 一日店員」

    12月8日(金)、趣味の文具箱 in 銀座・伊東屋「編集長・清水 一...

    More

  • 趣味の文具箱「オリジナルコーヒー」が発売

    趣味の文具箱「オリジナルコーヒー」が発売

    More

そのほかの手帳の記事

  • 3月8日(金)~10日(日)「PLOTTER(プロッター)」初のオフィシャルイベント開催!

    3月8日(金)~10日(日)「PLOTTER(プロッター)」初のオフ...

    More

  • いよいよ開催! 文具の祭典「文具女子博」が今年はさらにパワーアップ

    いよいよ開催! 文具の祭典「文具女子博」が今年はさらにパワーアップ

    More

  • 「システム手帳STYLE vol.3」は、システム手帳を使ったことがない人にも、ぜひ見て欲しい!本です。

    「システム手帳STYLE vol.3」は、システム手帳を使ったことが...

    More

  • 銀座・伊東屋 システム手帳サロン 2018 イベント詳細 ~ブレイリオ編~

    銀座・伊東屋 システム手帳サロン 2018 イベント詳細 ~ブレイリ...

    More

  • 銀座・伊東屋 システム手帳サロン 2018 イベント詳細 ~バインデックス編~

    銀座・伊東屋 システム手帳サロン 2018 イベント詳細 ~バインデ...

    More

新着記事

  • 東京インターナルペンショーがいよいよ開幕!趣味文オリジナルの新アイテムも続々登場!

    東京インターナルペンショーがいよいよ開幕!趣味文オリジナルの新アイテムも続...

    More

  • 伊勢丹新宿店で「ネットゥーノ」 日本初上陸記念 先行予約会を開催

    伊勢丹新宿店で「ネットゥーノ」 日本初上陸記念 先行予約会を開催

    More

  • セーラー万年筆「プロフェッショナルギア エンジェルズ・デライト万年筆」が新登場

    セーラー万年筆「プロフェッショナルギア エンジェルズ・デライト万年筆」が新...

    More

ピックアップ

趣味の文具箱 Vol.51へのリンクバナー

人気記事ランキング

  • 1

    「ラミー パーフェクトブック」5月22日(水)発売・鋭意制作中!

    More

  • 1

    ミドリの新製品「活版印刷のレターセット」

    More

  • 1

    ブランドの歴史[オート]~コストパフォーマンス良好な製品に斬新な開発が光る~

    More

  • 1

    月の満ち欠けも明記した、ライフスタイルと融合する『4月始まり日本語版ダイアリー』

    More

  • 1

    小日向日記│思い立ったらシステム手帳

    More

新着記事

  • 東京インターナルペンショーがいよいよ開幕!趣味文オリジナルの新アイテムも続々登場!

    東京インターナルペンショーがいよいよ開幕!趣味文オリジナルの新アイテムも続...

    More

  • 伊勢丹新宿店で「ネットゥーノ」 日本初上陸記念 先行予約会を開催

    伊勢丹新宿店で「ネットゥーノ」 日本初上陸記念 先行予約会を開催

    More

  • セーラー万年筆「プロフェッショナルギア エンジェルズ・デライト万年筆」が新登場

    セーラー万年筆「プロフェッショナルギア エンジェルズ・デライト万年筆」が新...

    More

  • 「ラミー2000 バウハウス100周年リミテッドエディション」発売開始

    「ラミー2000 バウハウス100周年リミテッドエディション」発売開始

    More

  • ステッドラー「カラト アクェレル 水彩色鉛筆 ウィンターパッケージ 2019ver.」登場

    ステッドラー「カラト アクェレル 水彩色鉛筆 ウィンターパッケージ 201...

    More

趣味の文具箱 Vol.51へのリンクバナー

ページTOPへ ページTOPへ