文房具を愛し、人生を楽しむ人たちが集う場所

会員登録

趣味文CLUB

メニュー

2017.03.30

  • Facebook Facebook
  • Facebook Facebook

ブランドの歴史[ウォーターマン]~万年筆の礎を築いたスタイリッシュブランド~

ブランドの歴史[ウォーターマン]~万年筆の礎を築いたスタイリッシュブランド~

WATERMAN

19世紀後半、アメリカで保険外交員をしていたルイス・エドソン・ウォーターマンは、ペンのインク漏れが原因で大口契約を逃すという辛酸をなめた。その経験から万年筆の改良を模索し、1883年に世界初の毛細管現象を応用した万年筆「ザ・レギュラー」を完成させたと言われている。1804年に特許を取得してアイディアル・ペン・カンパニーを設立。1888年には社名をル・ウォーターマンに変更する。1900年、パリ万国博覧会で金賞を受賞。1926年には本拠地を米国からフランス・パリへ移転。1990年代にはビジネスユースに向く「エキスパート」、創業者の名を冠した「エドソン」、「メトロポリタン」、「カレン」など数々の名品が生まれた。

世界で初めて万年筆を発明

1883年に、世界で初めて毛細管現象を応用した万年筆を発明したことから、ウォーターマンは「万年筆の祖」と称されている。インク漏れを解消するためのくぼみを設けたペン芯「スプーン・フィールド」供給システムなど、研究と開発に余念がなかった。他にも、クリップ付きのキャップやカートリッジなどを発明し、万年筆の基礎を築き上げた。

1883|ルイス・エドソン・ウォーターマンが、世界で初めて毛細管現象を応用した万年筆ザ・レギュラーを発明。
1884|特許を取得し、「アイディアル・ペン・カンパニー」を設立。
1888|社名を「ル・ウォーターマン」に変更。
1895|丸善がウォーターマンの輸入販売を開始。日本における万年筆販売の先駆けとなる。
1899|「スプーン・フィールド」供給システムを開発し、インク漏れを防ぐことが可能となる。
1900|パリ万国博覧会で金賞を受賞。
1904|世界初クリップ付きのキャップを発明。インク漏れが減ったことで、ペンが携帯品となる。
1907|密封度が高くインク漏れのない安全な万年筆セーフティを発表。
1913|レバーを使って胴軸内の袋を押すことによりインクを吸入するインク補充システムを発表。
1926|本拠地をパリに移転する。ジュール・ファルガード女史に経営権が移り、宝石や金属で装飾された華やかなペンを次々に発表。
1927|技術者の一人、M.ペローがガラス製のインクカートリッジを開発。
1929|金の装飾と宝石を施したパトリシアンが誕生。アール・ヌーボーの時代に君臨する名品と称えられる。
1939|明るい色遣いと曲線を取り入れた斬新なフォルムが特徴の100イヤーペンを発売。100年保証と大きなペン先で大ヒットした。
1953|ロケットの流線型からインスピレーションを受けた「CF」が誕生。ウォーターマンの特長的なウィンドウクリップを初めて採用した。
1969|フランシーン・ゴメスがCEOに就任。
1970|インダストリアル・デザイナーのアラン・カレを専属デザイナーに起用。
1983|創業100周年を迎える。100周年を記念し、マスターピースとなるル・マン100を発売。
1992|現代的な楕円形のエドソン、ダイナミックなデザインのビジネスペンとしてエキスパートが誕生。
1994|エレガントな装いと匠の技が光るメトロポリタンを発売。
1997|船の舳先をイメージした流線型ボディのカレンを発売。
1999|緩やかなカーブのフォルムのウォーターマン・セレニテを発売。
2004|ソフトスクエア形状のエクセプションを発売。
2008|創業125周年を迎える。125周年記念モデルエドソン125ansを発売。モダンな都市空間をイメージしたパースペクティブを発売。
2011|ファッションのトレンドカラーのホワイトを取り入れた「ピュアホワイト」コレクションが登場。
2014|平穏と自由をイメージしたブルーが美しい「ブルーオブセッション」コレクションを発売。
2015|パリのきらめく街の光からインスピレーションを得た、「オンブル・エ・ルミエール」コレクションを発売。

この記事は「世界のペンブランド」(2016年4月10日発行)の内容を一部抜粋して構成されています。内容は発行当時のものであり、現在変更されている場合があります

d-htr201702_penbrand-image_re

国内外50以上のペンブランドをABC順に紹介。各ブランドを代表する魅力的な万年筆、ボールペン、シャープペンシル、鉛筆などを幅広く紹介。ペン好き必携、保存版の1冊です!
「世界のペンブランド」詳細ページ

  • Facebook Facebook
  • Facebook Facebook

そのほかのボールペンの記事

  • 日本の建築家、坂茂(ばんしげる)氏がデザインしたACME「SCALE」

    日本の建築家、坂茂(ばんしげる)氏がデザインしたACME「SCALE...

    More

  • 万年筆のように心地よい書き味の液体ボールペン セーラー万年筆「ICリキッドボールペン」

    万年筆のように心地よい書き味の液体ボールペン セーラー万年筆「ICリ...

    More

  • オフィスでも使える ぺんてるの動物モチーフ×北欧テイストのカスタマイズペン

    オフィスでも使える ぺんてるの動物モチーフ×北欧テイストのカスタマイ...

    More

  • 45周年記念のレトロな書き味の水性ボールペン、ぺんてるが限定発売

    45周年記念のレトロな書き味の水性ボールペン、ぺんてるが限定発売

    More

  • 風合いのあるゴールドを採用したボディノック機構のペン「trystrams MISTRAL」

    風合いのあるゴールドを採用したボディノック機構のペン「trystra...

    More

新着記事

  • “大人の女性のためのベーシック”を目指すマルマンの新ステーショナリーブランド「grand jete(グランジュテ)」

    “大人の女性のためのベーシック”を目指すマルマンの新ステーショナリーブラン...

    More

  • 日本の建築家、坂茂(ばんしげる)氏がデザインしたACME「SCALE」

    日本の建築家、坂茂(ばんしげる)氏がデザインしたACME「SCALE」

    More

  • オレンジ色の罫線を採用したヴィンテージ調の限定ロディア「ヘリテージ・コレクション」

    オレンジ色の罫線を採用したヴィンテージ調の限定ロディア「ヘリテージ・コレク...

    More

ピックアップ

趣味の文具箱vol.43書籍ページへのリンクバナー

人気記事ランキング

  • 1

    “大人の女性のためのベーシック”を目指すマルマンの新ステーショナリーブランド「g…

    More

  • 1

    日本の建築家、坂茂(ばんしげる)氏がデザインしたACME「SCALE」

    More

  • 1

    小日向日記│思い立ったらシステム手帳

    More

  • 1

    ラミー アイオンの発売記念イベントが決定!

    More

  • 1

    デスクが片づくファイルボックス、ハイモジモジ「WORKERS’ BO…

    More

新着記事

  • “大人の女性のためのベーシック”を目指すマルマンの新ステーショナリーブランド「grand jete(グランジュテ)」

    “大人の女性のためのベーシック”を目指すマルマンの新ステーショナリーブラン...

    More

  • 日本の建築家、坂茂(ばんしげる)氏がデザインしたACME「SCALE」

    日本の建築家、坂茂(ばんしげる)氏がデザインしたACME「SCALE」

    More

  • オレンジ色の罫線を採用したヴィンテージ調の限定ロディア「ヘリテージ・コレクション」

    オレンジ色の罫線を採用したヴィンテージ調の限定ロディア「ヘリテージ・コレク...

    More

  • ファッショナブルな2018年版ダイアリー「CANTACARTA(カンタカルタ)」販売再開

    ファッショナブルな2018年版ダイアリー「CANTACARTA(カンタカル...

    More

  • ラミー アイオンの発売記念イベントが決定!

    ラミー アイオンの発売記念イベントが決定!

    More

趣味の文具箱vol.43書籍ページへのリンクバナー

ページTOPへ ページTOPへ