文房具を愛し、人生を楽しむ人たちが集う場所

会員登録

趣味文CLUB

メニュー

2017.02.16

  • Facebook Facebook
  • Facebook Facebook

ペンの写真を撮影するときのこだわり

ペンの写真を撮影するときのこだわり

紙は雑誌にとって情報を盛りつける器。肝心の中味がまずかったらどうしようもないけれど、雑誌作りにとって器選びもかなり大切です。そして、器となる平らな紙の上でリアルにペンの存在感を表現するための撮影の工夫も、雑誌編集の醍醐味。ページを開いたら目の前にまるでペンが置いてあるように見せるにはどう撮ればいいのか。カメラマンと撮影の仕掛けを日々考え続けています。

軸が丸いペンを写真で立体的に見せるのは簡単そうで難しい。もの全体に光が回っていると影がなくなり、フラットな印象になる。強い光を当てると立体感は出るが、強すぎると不自然な印象になり、陰の部分は黒くなって製品のディテールが見えづらくなる。物撮りのライティングに模範解答はありません。被写体となるペンの大きさ、素材、形、色に合わせてカメラマンにはカットごとに最適な光を探し、作ってもらっています。

また、ペンを見せるための光の角度にもちょっとこだわっています。「趣味の文具箱」は右開き、つまり右手でページを繰ります。右方向にページを開くと、まるで閉じた箱のフタが開いて、左上から光が差して物が浮かび上がって見えるように工夫しています。だからペンを撮影するときは、ほとんどの場合は左上から一番強い光を入れてもらっています(担当する編集者によって、この考え方もいろいろありますが…)。

お気に入りのペンを右手で目の高さまで持ち上げ、顔を近づけてうっとり眺めるとき、光源のほとんどは左上にあるか、またはそういう場所を無意識に選んでいるもの。でも撮影でこのように光の角度をしっかり固定してしまうということは、撮影する前にペンを縦横(または斜め)のどちらで誌面にレイアウトするかを決めておかなければならないし、決められない場合は光源の角度を変えて2カット(現実にはもっと多く)を撮ってもらっています。1日で撮影するペンの本数は50を超えることも編集部では日常茶飯事。とんでもないカット数を深夜まで撮り続ける日も少なくありません。

さきほど印刷所からメールが届きました。内容は12月1日発売の趣味の文具箱40号の印刷明細。この明細の中に「分解点数」という項目があります。これは主に製版・印刷用に印刷所が加工をした写真の点数。当然ながら1点ごとに分解の料金がかかるのですが、この写真点数は「2138!」でした。

この記事は2016年12月2日に配信された「【趣味の文具箱】Mail Magazine」の内容を一部を転載して構成されています。各種情報は変更されている場合があります

↓↓↓編集長コラムをはじめ最新の情報をいちはやくお届け!メルマガ購読はページ下部の「メールマガジン購読」からどうぞ!↓↓↓

  • Facebook Facebook
  • Facebook Facebook

清水 茂樹(しみず しげき)

清水 茂樹(しみず しげき)

1965年、福島県会津若松市生まれ。2004年より文具情報誌「趣味の文具箱」編集長。「ステーショナリーマガジン」「ノート&ダイアリースタイルブック」も手掛ける。ソリッドな黒軸、ネイビーブルー色のインク、風合いが育つ革、手のひらサイズが大好き。

そのほかの本の記事

  • 趣味の文具箱50号は6/27(木)発売!

    趣味の文具箱50号は6/27(木)発売!

    More

  • 「ラミー パーフェクトブック」5月22日(水)発売・鋭意制作中!

    「ラミー パーフェクトブック」5月22日(水)発売・鋭意制作中!

    More

  • 「趣味の文具箱」の最新49号は“ウマノ”な特集です

    「趣味の文具箱」の最新49号は“ウマノ”な特集です

    More

  • 文房具を語る心にしみる言葉が満載 「惚れぼれ文具 使ってハマったペンとノート」

    文房具を語る心にしみる言葉が満載 「惚れぼれ文具 使ってハマったペン...

    More

  • 趣味の文具箱47号の中味をチラ見せ!します

    趣味の文具箱47号の中味をチラ見せ!します

    More

新着記事

  • マルマン「大ルーズリーフ博」を銀座  伊東屋で開催!

    マルマン「大ルーズリーフ博」を銀座 伊東屋で開催!

    More

  • あたぼうの「飾り原稿用紙」に新作「海洋巡」が登場

    あたぼうの「飾り原稿用紙」に新作「海洋巡」が登場

    More

  • 台湾ブランド「IWI」から「ハンドスクリプト レトロブラス」が発売

    台湾ブランド「IWI」から「ハンドスクリプト レトロブラス」が発売

    More

ピックアップ

趣味の文具箱 Vol.50へのリンクバナー

人気記事ランキング

  • 1

    小日向日記│思い立ったらシステム手帳

    More

  • 1

    サクラクレパスの新製品「クーピーマーカー」

    More

  • 1

    ラミー アルスターとラミー サファリの2019年限定カラー、先行発売情報

    More

  • 1

    思わずニンマリ。「定番万年筆のための」ペンケース、その特徴とは?

    More

  • 1

    台湾ブランド「IWI」から「ハンドスクリプト レトロブラス」が発売

    More

プラチナ万年筆×趣味の文具箱 ♯3776センチュリー ボルドーロゼへのリンクバナー

新着記事

  • マルマン「大ルーズリーフ博」を銀座  伊東屋で開催!

    マルマン「大ルーズリーフ博」を銀座 伊東屋で開催!

    More

  • あたぼうの「飾り原稿用紙」に新作「海洋巡」が登場

    あたぼうの「飾り原稿用紙」に新作「海洋巡」が登場

    More

  • 台湾ブランド「IWI」から「ハンドスクリプト レトロブラス」が発売

    台湾ブランド「IWI」から「ハンドスクリプト レトロブラス」が発売

    More

  • 伊勢丹新宿店で美濃和紙製品を集めた展示販売会「清流の便り」が開催

    伊勢丹新宿店で美濃和紙製品を集めた展示販売会「清流の便り」が開催

    More

  • サクラクレパスの新製品「クーピーマーカー」

    サクラクレパスの新製品「クーピーマーカー」

    More

趣味の文具箱 Vol.50へのリンクバナー

プラチナ万年筆×趣味の文具箱 ♯3776センチュリー ボルドーロゼへのリンクバナー

ページTOPへ ページTOPへ