文房具を愛し、人生を楽しむ人たちが集う場所

会員登録

趣味文CLUB

メニュー

2017.01.13

  • Facebook Facebook
  • Facebook Facebook

万年筆好きが選ぶペンケースって? いま注目したいのは「手帳型」!

万年筆好きが選ぶペンケースって? いま注目したいのは「手帳型」!

濃く熱いファンが多い万年筆・文房具の趣味の世界。ファンのなかで今じわじわ人気が出てきているのが、「手帳型ペンケース」だ。一般的にはあまり馴染みのない形だが、それが選ばれるのにはちょっと変わった理由があるという。

文房具専門誌の編集長にずばり、人気の理由を聞いてみた。

一度ハマったら抜け出せないというその「奥深さ」から、「沼」に例えられる趣味の文具の世界。万年筆本体の美しさ、書く楽しさはもとより、インクや紙など、その組み合わせによって書き味や楽しみ方が無限大に広がる。その楽しみ方を一度知ってしまうともう戻ることはできず、ひたすら自分好みの組み合わせを見つける長い長い旅が始まる……まさに底なし沼だ。

d20170113-01_1

そんな趣味人のなかで大切な万年筆を収納するために選ばれるのが手帳型。ジッパーで開閉するタイプで、開くと中には1本ずつペンを固定するペンホルダーがついている。一般的にペンケースと言われるものと比べると、だいぶ印象が違う。一般的なペンケースは文房具を持ち運ぶ用途が強いが、この手帳型ペンケースはどちらかというと「コレクション」要素が強いようだ。

d20170113-01_2

文房具の専門誌「趣味の文具箱」の清水編集長いわく、この「手帳のように使える」ということが、なによりポイントなのだという。ジッパーを閉じた状態で本棚や机の上に置いてあれば、だれもが手帳だと思うだろう。これで「デキる男」演出をする……のが目的かと思いきや、そうではない。これはあくまでも争いを避けるためのカモフラージュ。……こうすれば、高額な万年筆をたくさん購入したのを発見されて冷ややかな目を向けられたり、そのお金の使い道をめぐって口論になる事態を避けられるというわけなのだ。相手はそう、たとえば、奥さんとか。

万年筆は、高価な嗜好品である。近年では数千円代で買える手頃な価格帯のものもあるが、5万円、10万円を超えるモノは決して珍しくない。それを趣味が高じて1本2本……と買い足していくと、いつのまにかウン十万円ぶんも集めていた、ということも十分ありうる。ハマっている立場からすれば大事な大事な宝物だが、そうした趣味のない奥さんに見つからないか、ひやひやしている……という人も少なくないらしい。

d20170113-01_3

(写真は「中屋万年筆×趣味の文具箱 ライターモデル ポータブル黒溜 廻り止め万年筆」。お値段96,120円 (税込))

「いつでもペン先を上に」保管しやすいのも大きな特長

万年筆好きにとって手帳型ペンケースの魅力はカモフラージュ機能以外にもちゃんとある。万年筆を持ち歩くときは「ペン先を上にした状態」にしておくのが基本。横向きや下向きのまま、カバンの中などで揺らされると場合によってはペン先からインクが飛び出て、キャップの中がインクだらけになる事故も発生しやすい。手帳型ペンケースだとジッパーの位置を確認するだけで常時上向きのまま保管、携帯しやすいのだ。

d20170113-01_4

「趣味の文具箱」の清水編集長は、手帳で知られたブランド「アシュフォード」とコラボし、オリジナルペンケース「アシュフォード×趣味の文具箱 トラッドブラウン 10本挿しペンケース」を作ったという。一般的な手帳型ペンケースは5本が多いというが、これなら10本ずらりと並べて楽しむことができる。ちなみに、清水編集長の持つ最大収納本数を誇るペンケースは特注のもので、なんと52本入るとのこと。底が見えない沼的万年筆の世界、その深さは想像以上に深いようだ。

「アシュフォード×趣味の文具箱 トラッドブラウン 10本挿しペンケース」

(エイ出版社オフィシャルサイト 編集部ヨシザワ)

  • Facebook Facebook
  • Facebook Facebook

そのほかの趣味の文具箱オリジナル文具の記事

  • 筆圧が低くなっているのは世界的な傾向の模様

    筆圧が低くなっているのは世界的な傾向の模様

    More

  • 11月13日(水)、14日(木)は 「趣味文デー」! 銀座 伊東屋「システム手帳サロン2019」

    11月13日(水)、14日(木)は 「趣味文デー」! 銀座 伊東屋「...

    More

  • 「システム手帳STYLE vol.3」は、システム手帳を使ったことがない人にも、ぜひ見て欲しい!本です。

    「システム手帳STYLE vol.3」は、システム手帳を使ったことが...

    More

  • 5月3日から、文房具サロン at 銀座・伊東屋が始まります!

    5月3日から、文房具サロン at 銀座・伊東屋が始まります!

    More

そのほかのペンケースの記事

  • ジャック・エルバンの期間限定フェアで新作が続々登場

    ジャック・エルバンの期間限定フェアで新作が続々登場

    More

  • ドイツの高級手帳ブランド「トロイリブン」が上陸! 伊勢丹新宿本店でフェア開催中

    ドイツの高級手帳ブランド「トロイリブン」が上陸! 伊勢丹新宿本店でフ...

    More

  • ミスタードーナツとコラボレーションのコクヨ キャンパスノート&ミスタードーナツ柄の文具アイテム

    ミスタードーナツとコラボレーションのコクヨ キャンパスノート&ミスタ...

    More

  • コクヨのペンケース「ネオクリッツ」の大人向けデザイン「ネオクリッツフラットBiz」

    コクヨのペンケース「ネオクリッツ」の大人向けデザイン「ネオクリッツフ...

    More

  • プラスのビジネス向けクリアーファイル「パスティ スマート」

    プラスのビジネス向けクリアーファイル「パスティ スマート」

    More

新着記事

  • 注目の台湾ブランド「ANTOU(アントウ)」が販売開始

    注目の台湾ブランド「ANTOU(アントウ)」が販売開始

    More

  • 趣味の文具箱53号は3月13日(金)発売です!

    趣味の文具箱53号は3月13日(金)発売です!

    More

  • エルバンがアニバーサリーインクの新作カラーを投票受付中!

    エルバンがアニバーサリーインクの新作カラーを投票受付中!

    More

ピックアップ

趣味の文具箱 Vol.53へのリンクバナー

人気記事ランキング

  • 1

    小日向日記│思い立ったらシステム手帳

    More

  • 1

    注目の台湾ブランド「ANTOU(アントウ)」が販売開始

    More

  • 1

    濃く鮮やかで、にじまず速乾性が高いゲルインクボールペン「uni-ball one…

    More

  • 1

    サクラクレパスの新製品「クーピーマーカー」

    More

  • 1

    思わずニンマリ。「定番万年筆のための」ペンケース、その特徴とは?

    More

新着記事

  • 注目の台湾ブランド「ANTOU(アントウ)」が販売開始

    注目の台湾ブランド「ANTOU(アントウ)」が販売開始

    More

  • 趣味の文具箱53号は3月13日(金)発売です!

    趣味の文具箱53号は3月13日(金)発売です!

    More

  • エルバンがアニバーサリーインクの新作カラーを投票受付中!

    エルバンがアニバーサリーインクの新作カラーを投票受付中!

    More

  • パーカーが「Travel」をテーマに特別なイベントを開催!

    パーカーが「Travel」をテーマに特別なイベントを開催!

    More

  • 濃く鮮やかで、にじまず速乾性が高いゲルインクボールペン「uni-ball one(ユニボール ワン)」登場

    濃く鮮やかで、にじまず速乾性が高いゲルインクボールペン「uni-ball ...

    More

趣味の文具箱 Vol.53へのリンクバナー

ページTOPへ ページTOPへ